>>Twitterはこちら
スポンサードリンク

おすすめの通信制大学はどこ?学歴・学費・卒業率から徹底比較

教育
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、とし(@tyobory)です。

私は大学編入する前、通信制大学に通っていました。

通信制の大学に進学するとき、どの大学が良いか真剣に考え、そこそこの大学で学費が安めのところが良い!と思い、結果として日大通信を選択しました。

今回は、通信制大学の経験者が、学歴・学費・卒業率の観点から、おすすめの通信制大学について掘り下げていきます。

その他、通信制大学に関連記事なので、良ければご参考ください。

スポンサードリンク

おすすめの通信制大学どこ?【通信制大学を選ぶポイントは4つ】

書籍, 疑問符, 学生, スタック, 本のスタック, ライブラリ, 本, 学ぶ, 教育, 知っています, 情報

通信制の特色を知る。

はじめに:通信制大学での学びを理解する


通信制大学での学びには、主に3つパターンがあります。

1.テキスト・レポート型
2.スクーリング型(1と併用)
3.完全オンライン型(メディア授業)


これらの学習手段を用いて、大学で単位を取得していきます。

とは言うものの、授業の難易度、単位の取り方は大学によってバラバラなので、ちゃんと大学ごとに下調べする必要があります

created by Rinker
¥1,100 (2020/07/12 06:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

通信制大学を選ぶときのポイント【ポイントは4つ】


通信制大学を選ぶときのポイントは4つです。

1.レベル(ネームバリュー)
2.学費
3.スクーリング

4.メディア授業(オンライン)


やはり、ネームバリューがあるところのほうが規模も大きいし、学生間の交流が活発です。

また、学費が安く、スクーリング・メディア授業が充実している大学だと、卒業もしやすくなるので、ここらへんを重点的にチェックすることをおすすめします。

さらに深掘りします。

通信大学を選ぶとき、レベル(ネームバリュー)は気にした方が良い


私は、通信制の中で日本大学を選びましたが、結果としてそれなりに良かったと思います。

理由は、上位大学になればなるほど、教育水準は高い


私は2年間で62単位ストレートで取得して、マーチの大学に編入しましたが、編入後の方がはるかに楽です

目的はさまざまだと思いますが、卒業率を全面に出しているところは、ちょっとした中高生でも分かるようなことしかやっていないので、私はおすすめしません。

なので、もし資格取得等関係なく通信制の大学に選ぶなら、慶應大学・法政大学・中央大学・日本大学の中から選ぶことをおすすめします

卒業のカギはスクーリング・メディア授業


卒業率が低いところは、基本的にスクーリングやメディア授業が充実していない印象があります。

日大でも、4年間の卒業率が10%で、全体の卒業率も40%前後とのこと
ちなみに、私は日大で62単位取得しましたが、ほぼ夏スクーリングかメディア授業で取りました。


レポート+単位認定試験のみだと、本当にハードモードです

なので、スクーリング・メディア授業がしっかり開講されている大学を選ぶことは一番大事かもしれません。

スポンサードリンク

勝手におすすめの通信制大学ランキング【学歴・学費・卒業率から徹底比較】

おすすめの通信制大学はこちら。

その1:学歴重視した通信制大学ランキング【ベスト5】


かなり主観的ですが、学歴を重視した通信制大学ランキングベスト5です。

1位 日本大学
2位 法政大学
3位 中央大学

4位 早稲田大学【eスクール】
5位 慶應義塾大学


1位は日本大学です。日大を選んだ理由は、総合的なバランスの良さです。一通り整っていて、普通の文系学部ならまず間違いありません。

2位は法政大学で、難易度は日大のワンランク上で、スクーリングとメディア授業の科目数は日大に劣るりますが、他の上位大学よりも良心的

3位は中央大学で、最近はスクーリングやメディア学習に力を入れ始めている印象がありますが、法学部しかないのでここにランクイン。

4位は早稲田大学です。人間科学部のみで、卒業率は高いですが、学費が他の4倍で高すぎなので、お金がある人はいいかもしれません。

5位は慶應義塾大学で、間違いなく卒業は最難関です。卒業率も数%なので、そもそも卒業するのが現実的ではない大学です。

総評はこんな感じです。最近は、メディア授業が充実してきているので、そこを中心に見て選ぶのが吉です。

その2:学費を重視した通信制大学ランキング【ベスト3】


ここでは、学費を重視した通信制大学ランキングを発表したいと思います。

1位 東京通信大学:情報マネジメント62万円 人間福祉76万円
2位 産業能率大学(短大):情報マネジメント75万円
3位 放送大学:70万円


通信制大学の中で最も学費が安いのは、東京通信大学です。この大学は2018年開学した大学で、4年間でこの学費は魅力的です。また、4年次以降も2万円で在学できるので、通信制大学の中では最安です。

2位の産業能率大学はスクーリング授業料を含んでこの学費なので、放送大学より順位を高めにつけました。

3位は放送大学です。正直迷ったら放送大学に進学すれば間違いないです。システムはしっかりしてます。

日本大学とかはメディア授業で結構お金が掛かるので、スクーリングやメディア授業でお金が掛からないのは、今の時代本当に大事です

その3:卒業率を重視した通信制大学ランキング【ベスト5】


ここでは、卒業率を重視した通信制大学ランキングを発表したいと思います。

1位 サイバー大学:76.9%
2位 産業能率大学:73.1%
3位 早稲田大学【eスクール】:約60%
4位 東京通信大学:約50%(見込み)
5位 放送大学:約50%(1.1万のうち5400人卒業)


正直、卒業率が良いところを探せばいくらでも出ますが、あくまで主観で大学を選出してます…

サイバー大学と早大(eスクール)は学費が高いので、わりと論外


私が通信制大学に進学した時、日大か産能大の2つの選択肢で迷い、日大へ。

今なら完全オンラインで卒業できる東京通信大学に進学すると思います。プログラミングがやばそうだけど、全体の卒業率は半分以上いきそうな感じなので(かつ大学名もまともなので)。

放送大学は10年プレイヤーや編入組がいたりして、実質的な卒業率はもうちょい低いと思います。

何を選択して大学進学するかにもよりますが、卒業が簡単なところはショボいことしかやってないので、ここらへんのバランスは大事です

その4:専門分野に特化した通信制大学【番外編】


ここでは、専門分野に特化している通信制大学もあるので取り上げたいと思います。

1.京都造形芸術大学(芸術教養学科)
2.武蔵野美術大学(芸術・デザイン)
3.日本福祉大学(福祉系)
4.教職系(玉川大学・明星大学・佛教大学)
5.帝京大学(理工学部情報化学科)


芸術系は本当に面白そうで、興味がそそられます。

また、福祉系の資格や教職系も通信制大学で開講しているところがたくさんあります

一番驚いたのが、帝京大学の理工学部(情報)です。本当に通信で色んなことが学べますね。

総合的な通信制大学の総合ランキング【】


超個人的見解ですが、通信制大学の総合ランキングです。

1位:日本大学
2位:放送大学
3位:東京通信大学
4位:産業能率大学
5位:法政大学


1位は日本大学です。総合大学はやはり強いです。何だかんだ総合的に、そこそこの難易度で、かつ単位の取り方も様々で全体のバランスが良いです(レポートが手書きというデメリットもありますが…)

2位は放送大学です。授業に関して一流の教授陣を揃えていて、授業もかなりしっかりしています。ただし、唯一欠点として特徴がないところが、1位ではない理由です。

3位は東京通信大学です。情報マネジメント学部だと、完全オンラインでスクーリング不要かつ学費62万円は魅力的です。日大以外の選択肢だったら、私はここを選びます。

4位は産業能率大学です。スクーリング授業が充実していて、授業料も安いところは魅力的。確実に卒業したい!という人なら、産能大をおススメします。

5位は法政大学です。通信制大学の中で卒業難易度が高めの大学ですが、通学制の方も最近では相当人気が上がっているので、今後一番化ける可能性があります(分からないけど)。期待値込みで第5位に選出しました。

おわりに:これからの時代、通信制大学は完全オンラインの時代です


以上、おすすめの通信制大学をピックアップしてきましたが、レポートベースは時代遅れです。

完全オンラインの大学のほうが、場所や時間を選ばず学ぶことができるので、苦労してレポート書いてという作業が無くなるので、超効率的です

以上、みなさんにより良いキャンパスライフが訪れることを願っております。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました