>>Twitterはこちら
スポンサードリンク

通信制大学の就職活動でおすすめの就職・転職サイト【就職支援は不要】

教育
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、とし(@tyobory)です。

通信制大学に通っている人の中で、就職活動について心配している人がいると思います。

就活生のイラスト 通教生「通信制大学だけど就職活動をどうしよう。通信でも就職できるのかな。おすすめの就職・転職サイトを教えて欲しい。就職で気をつけるべきことって何だろう。」


通信制大学でも立派な大卒扱いになるので、普通の大学生と同様に就職活動すれば大丈夫です

また、通信制大学には社会人学生も多く、これを機に転職を考えている人は少ないと思います。

本記事の内容

  • 通信制大学の学生におすすめの就職・転職サイト4選+5選
  • 通信制大学からの就職活動について【普通の学生と同じです】
  • 通信制大学の在学中にやっておくべきこと


私は学術の道に進みましたが、通信制大学を卒業できる人は、通学生の大学生と能力的にほとんど変わりません。自信を持って就活をしましょう。

スポンサードリンク

通信制大学の就職活動でおすすめの就職・転職サイト【就職支援は不要】


通信制大学の場合、就職支援をうたっていたとしても、手薄いところがほとんどです。

結論を言うと、就職エージェントサイトを活用した就職の方が内定が取りやすいです。

通信制大学の学生におすすめの就職・転職サイト4選


通信制大学に通っている学生で、一番つっこまれたくないのは「学歴」の部分です。同じ大卒になるとは言っても、相手企業側の理解がなければ、書類ではねられる可能性は正直あります。

こういったリスクを回避できるのが、エージェントによる就職活動です。


エージェントによる就活の場合、人物推薦による選考となるので、通信大学出身など考慮に入れて選考が受けられます。そのため、普通の就活より安心して選考に進むことができます。

下記、おすすめの就職エージェントサイトになります。

就職エージェントサイト【全て無料

\キャリアパークでは選考免除の特別ルートによる選抜制プレミアム面談あり/

実は、こうした費用は採用企業側から全て出資されているため、すべて無料で就職サポートが受けられます。普通の大学生よりも、むしろ通信制の学生の方がかえって重宝されると思います。

エンジニア向けの就職エージェントサイト5選


この他に、今後IT業界の人材が不足する中で、エンジニア向けの就職エージェントも熱いです。

今では、プログラミング学習」+「就職サポートが主流です。以下、おすすめのエンジニア志望者向け就職エージェントサイトです。

エンジニア向けの就職エージェントサイト

東京限定ですが、おすすめは「ウズウズカレッジ」のエンジニア養成スクールで、プログラミング学習から始まり、内定までの就職サポートまですべて無料でやっています。

特にエンジニア志望の場合、大学のキャリアセンターでESの添削が受けられても、こういったプログラミング関連のサポートは一切ありません(というか、職員に技術がない)

大学のキャリアセンターに行くという発想自体もうオワコンなので、こういったサイトを有効活用していきましょう。

スポンサードリンク

通信制大学からの就職活動について【普通の学生と同じです】

ほとんど変わらない。

通信制大学の就職活動について【ごくごく普通です】


通信制大学から新卒で就職を希望する場合、普通の大学生の就活と一緒です。

1.就職サイトに登録する(リクナビ・マイナビ)
2.会社説明会に参加
3.エントリー(ESの提出)
4.選考
5.内々定


企業が就職活動で見るところは、、、「あなたはいったい何ができるの?です。

ざっくり、採用企業側に自分の取るメリットを伝え、「御社に貢献できます」ということをESや面接でPRしていきましょう。

このように、通信制大学であろうと、就活方法は変わらないので、上記のフローをたどればOK。

created by Rinker
¥2,360 (2020/11/28 04:46:09時点 Amazon調べ-詳細)

大学のキャリアセンターの就職支援がなくても、就活は大丈夫


よく通教生は大学の就職支援のことを気にしますが、就職エージェントのように民間がすべて無料サポートしてくれます。

大事なことは、必要なスキルを身につけて就職活動に臨むことです。


一番業界として需要があるのがIT業界で、プログラミングスキルを身につけておくと、働くことには困らないはずです。どの企業も圧倒的IT人材不足です

下記の記事でおすすめのプログラミングスクールをまとめましたので、こちらをご参考ください。

スポンサードリンク

通信制大学の就職活動前にやっておくべきこと

おすすめは3つ。

就職活動を有利に進める学生時代の過ごし方【経験値を積み上げ】


私のオススメは下記のつです。

1.TOEIC
2.プログラミング
3.ブログ運営


以下、さらに掘り下げていきます。

その1:就職活動においてTOEICは必須ツール


企業のエントリーシートを書くとき、たいていTOEICスコアの記入欄があります。

特に大手では、昇進の条件にTOEIC700点以上とするなど、英語力を測る指標としてかなり定着しています。


ですから、TOEICを中心とした英語学習をし、だいたい600点以上あると、履歴書に書いても良いかなという感じになります。

下記の記事で、TOEICの学習方法やオススメのテキストをご紹介していますので、参考にどうぞ。

その2:プログラミングスキルを身につけてIT人材をPR


どの企業もITスキルがないと、仕事ができない時代となってきました。

理由は、プログラミングができると、生産性が爆発的に上がるから


労働力を犠牲にして仕事をする時代はもう終わりで、パソコンで自動的に仕事をさせるのが主流です

とは言いつつも、よく分からないという人のために、まずは下記の無料サイトで勉強することをおすすめします。

1.ドットインストール
2.Progate(プロゲート)


ドットインストール」はエディタの設定等が必要になるので、サクッと始めたい人は「Progate」がおすすめです。

以下、ドットインストールでのプログラミング学習の始め方の記事となりますので、合わせてご覧ください。

その3:ブログ運営(WEB制作)


通信制大学の学生の場合、サークル活動はなかなか厳しいと思います。そこでおすすめなのが、ネットがあればどこでも活動できるブログ運営(WEb制作)です。

これがなぜ就職活動に役立つかと言うと、志望理由書で「学生時代に打ち込んだこと」、「チームを組んで行動したこと」などの項目があり、本気でブログ運営していると形として見せることができるからです

今後求められるスキルは、IT上で表現する能力や発信能力


ブログ運営はWEBデザインスキルだけでなく、プログラミングスキル、専門知識、SNSにおけるマーケティングなど、さまざまなスキルが必要となるため、経験値は相当積み上げられます。

ブログ運営していると、就職活動でネタにできることがたくさんあるので、本当におすすめです。

以下、ブログを始める方法の記事となりますので、良ければ一緒にブログ運営しましょう。
>>私は「お名前ドットコム」で始めました。

おわりに:就職活動で可能性を広げるのは自分次第


もう大学のキャリアセンターや就職課が斡旋して、就職するのは時代にそぐわない就活方法です。

大事なのは学歴とかではなく、スキルしっかり身につけ、自身をもって勝負していくことです。

まずは何事も行動して、動きながら考えていくのが良いと思うので、就活サイトや就職エージェントに登録して、興味のある案件に応募するって感じでいきましょう。

どのサイトも登録は5分程度で終わるので、是非この機会に行動してみていかがでしょうか。

おすすめの就職エージェントサイト【全て無料

エンジニア向け就職エージェントサイト

おすすめ 通信制大学の大学生活に絶対必要なもの【おすすめ20選】

コメント

タイトルとURLをコピーしました