>>Twitterはこちら

教育

としの書棚

としの書棚―経済数学・計量経済学(統計学)

こんにちは、とし(@tyobory)です。 このブログでは、経済学の記事や大学編入記事を中心に、さまざまな専門書を紹介しております。 経済学の分野では、理論モデルの構築や実証分析をする上で、経済数...
としの書棚

としの書棚-マクロ経済学・ミクロ経済学

こんにちは、とし(@tyobory)です。 このブログでは、経済学の記事や大学編入記事を中心に、さまざまな専門書を紹介しております。 経済学の記事を書くときは、専門書を何冊も漁り、ときには論文から...
教育

通信制大学の就職活動でおすすめのスキル、就職・転職サイト【大学に頼らなくてOK】

通信制大学の就職活動でおすすめの就職・転職サイトを記事にまとめました。大学キャリアセンターの就職支援があるか気にする人がいますが、就職エージェントでは無料でESや面接対策をしてくれます。通信制大学の学生こそエージェントを使って就職しましょう。
大学編入

大学編入の情報収集で有料noteを買うのはムダです【価値があるのは過去問だけ】

大学編入に関して有料noteなどの情報商材が目につきますが、買うのはもったいないです。基本的に価値があるのは「過去問」のみです。これらの情報商材を買っても安心感を得るだけなので、合格のために過去問を最優先としましょう。
マクロ経済学

【マクロ経済学】国際収支(BP)・経常収支・金融収支(資本収支)とは?

本記事では、開放経済モデルの基礎となる国際収支・経常収支・金融収支(資本収支)についてまとめています。国際収支は、経常収支、資本移転等収支、金融収支(資本収支)、誤差漏洩の4項目で構成されており、この記事では経常収支の観点から、資本の動きについて確認しています。
マクロ経済学

【マクロ経済学】IS-LMモデル分析③【公債の市中消化・中央銀行引受】

本記事では、IS-LMモデルを拡張し、公債の市中消化・中央銀行引受による財政政策の効果についてまとめています。また、公債負担論としてリカードバローの中立命題を取り上げ、諸議論の流れを整理しています。
マクロ経済学

【マクロ経済学】古典派とケインズ派の貨幣数量説【貨幣の中立性】

マクロ経済学は、歴史的にみて古典派経済学とケインズ経済学の対立があります。古典派の貨幣数量説では、貨幣は実物経済に影響を与えないことを展開し貨幣の中立性を、対するケインズは貨幣の非中立性を主張し、金融緩和政策の有効性を展開しています。本記事では、両者の貨幣数量説をまとめています。
参考書

【大学編入】中央大学経済学部の編入試験の傾向と対策【勉強法】

本記事では、中央大学経済学部の編入試験に関する傾向と対策についてまとめています。中央大学の編入試験では、英語と小論文の2科目で合否が決まり、出題形式もほぼ一緒です。そこで、合格に向けてどのような参考書を使い勉強すべきかを解説しています。
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました