>>Twitterはこちら
スポンサードリンク

大学編入における出願書類・履歴書の学歴欄の書き方

大学編入
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、とし(@tyobory)です。

大学編入で出願する際や大学編入した後、これからバイトや就職活動しよう!と思ったとき、

「あれ?学歴欄ってどうやって書くんだ??」

って、一度は立ち止まります。

履歴書の学歴欄は、みなさんを最初に評価するラベルでもあるので、正しく書けるのがBestです

今回は、履歴書・ESの学歴欄の書き方についてサクッとまとめます。

スポンサードリンク

大学編入における出願書類の学歴欄の書き方

書籍, 疑問符, 学生, ライブラリ, 本, 学ぶ, 教育, 知っています, 情報, 研究, 大学, 文学

分かりやすく書く。

大学編入出願時の学歴欄【ポイントは最新の学歴】


大学編入をする際に、出願書類で必ず学歴欄を書くことになります。ポイントは最新の学歴です。

現在の学歴がどのような状態であるか適切に示せると、大学側も受験資格があるのかないのか迷わずに済みます


ここでは、受け手(大学側)の気持ちを考えて、書類を書くことが一番大事です

補足ですが、書類を書くときは字が下手でもよいので、大きくはっきりと書きましょう。

小さい字はNGです。

大学編入出願時の学歴欄の書き方(大学・短大・専門)


大学、短大、専門学校ごとに学歴欄の書き方を解説していきます!

1.大学(3年次編入)

今回は3年次編入の例です。

基本的に、3年次編入を受験する場合、62単位以上修得かつ2年次修了が要件となっています。


そのため、今大学2年生の人は、翌年の3月で「2年次修了見込み」の旨を書くと丁寧です。

下記2つは、大学3年生の場合、中途退学の場合の例です。

これといって書き方は決まってませんが、受験資格があることを明記できればGood!

2.短大

次は短大です。

ポイントは短大の場合、受験資格が「卒業見込み」もしくは「卒業」が要件となっています。


短大を中退した場合、受験資格は得られないので、その点は注意が必要です。

3.専門学校

最後に専門学校です。

専門学校の場合、「専門課程の修業年限が2年以上」で、「総授業時間数が1700時間以上」の専門学校を「卒業」する必要があります。


そのため、「卒業見込み」もしくは「卒業」で学歴欄を記載することになります。

以上が大学編入の出願書類に関する学歴欄の書き方です。

スポンサードリンク

大学編入後の履歴書(ES)の学歴欄の書き方

ヘッド, 超えて, 雲, 空, 縄ばしご, 神, 宗教, 光線, 輝きます, 光, 移行, 死ぬ, 成功

学歴欄の書き方に迷わない。

大学編入後の履歴書(学歴欄)の書き方


大学編入後、アルバイトや就職活動で学歴欄を書くことになりますが、次のようになります。

1.大学(3年次編入)

まず、3年次編入の例です。

3年次編入の場合、在籍大学している大学を退学するので、「中途退学」と書きます。

そして、ちゃんと他大学に進学していることを明記するため、「3年次編入学」と記載しましょう。

理由は、単なる「入学」のままだと、編入後は2年で卒業することになるため、詳細に書かないと「何で2年で卒業?」という誤解が生まれからです。


これが4大からの大学編入における履歴書(学歴欄)の書き方です。

2.短大

次は短大です。

短大の場合もほとんど変わりませんが、短大を卒業して編入することになります。

なので、しっかり短期大学の「卒業」を書きましょう!以上、短大についてです。

3.専門学校

最後に専門学校です。

専門学校の場合も短大と全く同じです。専門学校を卒業して大学編入することになります。

なので、しっかり専門学校の「卒業」を書きましょう!

以上、大学編入の履歴書(ES)に関する学歴欄の書き方ッス!

 

おわりに:経歴は一生ものなので、読み手に分かりやすく書く


大学編入した場合、学歴欄があふれていきます。

なるべく読み手が見て、一瞬で理解できるように心がける必要があります。

以上、ご参考にして頂けたら幸いです。

とし
とし

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました