>>Twitterはこちら
スポンサードリンク

【大学編入】小論文・専門論文の書き方と勉強方法【ポイントは4つ】

参考書
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、としです。

大学編入試験では、専門論文や小論文が科目として出題されます。

 編入受験生A
「小論文ってどうやって書けばいいの?」

 編入受験生B
「文章を書けと言われても、1文字も書けない…」

こんな悩みのお答えします。

専門論文・小論文を書くには、大枠のフレームワークがあります。

本記事では、小論文の全体像を知り、何を書かなければいけないかを掘り下げていきます。

スポンサードリンク

【大学編入】小論文・専門論文の書き方【ポイントは4つ】

これで小論文は大丈夫!

小論文・専門論文の出題形式

小論文で出題されるパターンは、次の3つとなります。

  • テーマ型(1行文)
  • 課題文型
  • 資料分析型

以下のような出題です。

1の問題がテーマ型で、2の問題が資料分析型です。

課題文型の問題は、「次の文章を読んで、(要約しなさい・あなたの考えを述べなさい・論述しなさい)」って感じで出題されます。

細かく対策したい方は、以下の参考書をおすすめします。

大学編入で出題されるパターンはこの中にすべて網羅されています。

演習がめちゃくちゃ積みづらいという難点がありますが、小論文について体系的に学ぶことができます(自分も本書で勉強した)。

今回はテーマ型の問題をメインに、ちょっと掘り下げてまとめていきます。

小論文・専門論文のパターンは2つ

小論文・専門論文のパターンは、事実上、2つです。

  1. 知識型(答えが決まっている)
  2. 論述型(主張を展開する)

知識型の問題は専門論文に多いですが、解答がすでに決まっているパターンです。
(これはインプットしたものを、単純にアウトプットするだけですね)

例えば、法学理論(判例)・政治学理論・経済学理論・経営学理論・社会学理論など、知識として体系化されているもの。

この場合、別の事を書いたらアウトなので、その時点でお察しです。

受験生が悩むのが、「論述型問題」のだと思います。

小論文「論述型問題」の書き方(段落構成は4つ)

小論文の構成は、次の4つに段落分けされます。

 ① テーマ(序論)

 ② 主張①(本論-Ⅰ)

 ③ 主張②(本論-Ⅱ)

 ④ まとめ(結論)

小論文は「パズル」ようなもので、4つのパーツを組み合わせます。(比率は、1:4:4:1)

書くことが決まっているのは、①と④です。

なので、再び上記の問題を取り上げて見ていきましょう。

①:テーマ(序論)

①:テーマ(序論)は、分からなければ、問題文を丸写しでもOK。

日本では、少子高齢化が進み労働力人口は既に減少に転じている。こうした状況下で、日本が国内総生産(GDP)を増加させるにために、どのような策を講じるべきかを労働経済学の観点から論じていく

例として、「労働経済学の観点」を入れましたが、色々汎用できる手法なので、おすすめです。

ただし、問題が漠然としていた場合、自分でテーマを設定する必要があります。

仮に「ブラック企業について論ぜよ」だと、問題が漠然としていますよね。

そこで、法学・社会学・経営学などの切り口を決め、問題テーマに制約をかけることにより、論点を絞って書くことができます。

 

④:まとめ(結論)

まとめは結論なので、②と③で主張したことを端的に、2~3行で表現する。

「以上のように、日本のGDPを増加させるには○○の要素が必要であり、△△と××の政策を行うことが望ましい。」

基本的にまとめでは、テーマ(序論)に対する答えを書きます

本問題では「どのような策を講じるべきか」なので、その答えとして「~の政策を行うことが望ましい」という形で終わらせています。

①-④は、問題に対する答えが正しく書けているかが大事なので、そこも採点のポイントになります。

ここまでは機械的なので、難しく考える必要はないです(当てはめるだけ)。

小論文「論述型問題」の書き方【主張には4つのことを書く】

主張(本論)の部分では、書くべきことは主に4つです。

  1. 主張(~するべきである)
  2. 理由+サポート文(なぜならば~)
  3. 具体例・事例(例えば~)
  4. まとめ(主張の繰り返し、言い換え)

本問題の場合、「GDPを増加させるための策」について問われているので、どのような政策を行うべきかを「主張」として書きます。

ある政策を「主張」するならば、それを支持する「理由」が必ずあるはずです。
(何となくはダメ、論理が破綻します)

そして、「理由」のあとに具体例を付け加えることで、内容に説得性が増します。

最後の「まとめ」は、「主張」の繰り返しをする(言い換え)により…

\主張のパラグラフが完成!!/

これは、論文だけでなく、会話でもあり「PREP(プレップ)法」と呼ばれます。

【具体例あり】話の説得力を高めるPREP(プレップ)法
PREP法(プレップ法)は、話の説得力を高める話法であり、ビジネスマンなら必ず身につけておきたい効果的なスキルでもあります。今回は、PREP法とは何か、また具体的な例、習得するためのコツについて解説していきます。

上記記事に、具体例つきで載っています。練習してみましょう!

以上より、小論文とは「ある問題に対して、論理的な文章で構成された主張のカタマリ」といえます。

スポンサードリンク

【大学編入】小論文・専門論文の勉強方法(特別な勉強はない)

特別な勉強は特にありません。

小論文・専門論文の勉強で独自性を養う必要なし

小論文について、次のように勘違いしている人がたくさんいます。

  • 小論文の採点基準が不明確
  • 明確な正解がない
  • 受験生の個性やセンス、独自性が大事
  • センスがなければ、知識で乗り切ろう

小論文の読者の気持ちって考えたことはありますか。読者=大学教授です。

求めているものは、「理路整然とした論理構成かつ論理的な文章」です。

小論文の採点基準が不明確
⇒ ダメな文章くらいすぐわかります

明確な正解がない
⇒ 自分の主張が正論であるかのように論じるのが「小論文」

受験生の独自性が大事
⇒ 独自性、何それ笑

センスがなければ、知識で乗り切ろう
⇒ 知識を詰め込んだ分だけエラい!

個性とか独自性とか、そんなものはありません。受験業界の妄想ですよ。

小論文でよく言われる「独自性」とは、「主張のインパクト」を指します。

そして、ここで評価が高い小論文は、良い意味で、大学教授が想定している「主張」とギャップがあり、その主張が論理的に展開されていることです。

これは、独自性の問題ではなく、どれだけ読書を積み上げたか、論文をどれだけ読んだかに依存します。

小論文の勉強で必要なものは、論理的思考と多読【減点をなくすこと】

結局のところ、小論文でインパクトのある主張を展開するには…

  • 読書(多読)
  • 論文を読む(⇦ 超大事

行き着く先は、原点ですね。

間違いなく小論文は「本」と「論文」を読んだ数に依存します(ガチです)。

特に論文を読む理由は3つ

  1. 論理的な文章を読む訓練ができる
  2. 最先端の知識が手に入る
  3. 志望理由書の作成でも役に立つ

どの論文でも、必ず問題のテーマがあり、一般的には「問題ー仮説ー検証ー考察ー結論」で構成されていて、どんな参考書よりも勉強になります。

少なくとも、要約(もしくは、「はじめに」と「結論」)だけでも、論文の全体像が分かるので、下手な本を読むよりもおすすめです(論文検索なら「CiNii Articles」)。

小論文の書き方のまとめ(勉強方法)

小論文の書き方のまとめは、次のとおりです。

  • 小論文の型を身につける(序論ー本論ー結論:カタマリを作る)
  • 主張(本論)は、論理的な文章で構成する(4つのポイント)
    ⇒「PREP法」を身につける
  • 主張のインパクトは、読書と論文の読んだ数に依存する
  • 補足:接続詞が正しく使えるようになると、パーフェクト!

アウトプットに関して、私はブログをやることを推奨していますが、労力もかかると思うので、大学の先生に添削を頼むのが近道です。

その他、予備校に通わないなら、「ココナラ」でも有料の添削サービスがあります(検索は「小論文」)。

このように、アウトプットの部分が大変かもしれませんが、小論文の書き方は以上となります。

おわりに:小論文では、独自性を排除し、論理性で勝負

ここで一番言いたいのは、「小論文にはセンスや独自性は存在しない」ということです。

小論文では、論理的な文章を淡々と積み上げるだけで、合格点は取れます。

まずは、論理的思考を身につけるところから始めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました