>>Twitterはこちら
スポンサードリンク

トルコリラ円が再び不安定な件について

トルコリラ
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、トシキです。

悲報、トルコリラ円の状況が好ましくない件について。

最近のトルコリラ円のチャート推移を見れば一目瞭然です。

トルコリラチャート

これは、日足のチャートになりますが、先日為替レートは17.5円を付けました。
(現在は持ち直して、18.3円となってます。)

現在、2018年8月以来の円高となっています。

日本人投資家にとっても死活問題、なぜか?

東京金融取引所の外国為替証拠金取引、「くりっく365」の4月の取引量184万枚のうち、
トルコリラ・円の通貨ペアの取引は52万枚に達し、米ドル・円を抑えて第1位。

取引が膨らむ一因は、トルコリラが高金利通貨であるため、その為替差益だけでなく、「スワップポイント」による儲けを狙う投資家も少なくない。

「スワップポイント」とは、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買うことで得られる利息のこと。日本銀行の政策金利は現在、マイナス0.1%。これに対して、トルコ中央銀行のそれは24%です。
同ポイントにはこうした金利格差の大きさが反映されており、スワップポイントは一万通貨当たり100円~120円とされている(業者ごとに異なります。)。

日本人みんな考えることは一緒で、働きたくないでござる精神。

トルコリラ円のスワップでどのくらい稼げるかは、以下の記事でまとめてあります
>>トルコリラ円で金利生活を夢見る(理論編)

問題は、最近のトルコリラの値下がりは、スワップポイントの儲けを再び吹き飛ばしてしまうほどの勢いがある。

昨年8月には1トルコリラ=15円台まで売られたが、その後は22円台まで値を戻した。
しかし、再び円高・トルコリラ安を進行しています

昨年10月には、トルコが2年間にわたって身柄を拘束していた米国人牧師、アンドルー・ブランソン氏を解放し、金融市場では「悪化していた米国との関係改善に意欲的な姿勢を見せた」と好意的に反応。トルコリラの買い戻しを誘発した。

ところが、今年の3月、かつてのシリア領だったゴラン高原について、米国のドナルド・トランプ大統領がイスラエルの主権を認めることを表明したのに対してトルコが反発。再び軋轢が生じています。

同タイミングにトルコの外貨準備高減少が明らかになったのです。つまり、「外貨準備減はトルコリラ防衛のため、中央銀行が買い支えている証拠と受け止められた」とする。

これを受けて、米国の大手投資銀行もトルコリラ売りを推奨するレポートを公表。
もともと実体経済が脆弱なこともあって、下落に弾みがついた格好となっています。

金融市場は、地方統一選を踏まえ、エルドアン大統領の動向に注視

3月末に実施された統一地方選挙では、大統領の率いる公正発展党(AKP)などの与党連合が苦戦。最大都市・イスタンブールの市長選では、野党に敗北を喫しました。しかし、選挙に不正があったとするAKPの訴えが認められ、6月に市長選のやり直しが決定。

最大野党・共和人民党(CHP)の会合では、支持者らが集まって「(やり直しを決めた)最高選挙管理委員会は辞任すべきだ」「独裁者、タイイップ(エルドアン大統領)」などと批判が広がっています。

この決定を嫌気してトルコリラは急落。エルドアン大統領はこれまでに利上げを嫌って中央銀行の金融政策にも口出しした経緯があり、「イスタンブールのやり直し市長選で与党が勝利すれば、トルコリラ防衛のための利上げが難しくなる」との連想が働いたとみられます。

エルドアン大統領は統一地方選前にリラ下落を回避しようと、驚きの行動に出たことも取りざたされています。外国投資家によるカラ売りを阻止するため、リラを供給しないよう国内の銀行に圧力をかけたといわれている。市場で自由な売買が困難となれば、結局、海外勢が逃げてしまう事態を招きそうですが……

結論:未来は僕らの手の中

Bu

トルコリラを掴むか、摑まないか。
スワップ収入を得たいか、得たくないか。

シンプルな2択。

トランプだって4回破産したが、大富豪になり、大統領になった。
ある知り合いは、2回破産して、ある都市の議員になっている。

行動したからこそ、何かしらの成果が得られ、行動しなければ、
何も得られないので、私は積極的かつ貪欲に動いていきます。

そして、半年・1年後に、このブログで少しでも良い結果を報告できれば幸いです。

あとは「やるか・やられるか」だけの話です。

今から行動できる人は、1年後に違う景色を見ていると思います。
その一方で、行動しない人は、1年後にも同じ景色を見てます。

私はこれまで8年間くらい同じ景色を見てきました。
もうここでピリオドを打たないと行けない。

共に戦う同士を求めてます!では、戦場で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました